スポーツ選手

【動画】白鵬が照ノ富士に肘打ちをした瞬間!優勝が批判される理由とは?

横綱・白鵬が7場所ぶり45回目の優勝を飾りました。

相手は横綱昇進確実とも言われる大関・照ノ富士。

厳しい戦いは予想されていましたが、以外にも白鵬は立ち会いを土俵際から開始し、しまいには肘打ちまでも。

今回は白鵬が照ノ富士に肘打ちをした瞬間の動画で振り返りつつ、批判される理由などまとめていきます!




【動画】白鵬が照ノ富士に肘打ちをした瞬間!

18日、名古屋場所にて大関・照ノ富士を下し復活優勝を成し遂げた横綱・白鵬。

6場所連続球場から復帰した後の優勝には妻・紗代子さんも涙ながらに喜んでいました。

紗代子夫人

うれしいとか、良かったとか、そういう感情はありませんでした。ただただ涙が止まりませんでした

そんな中、白鵬の取組中の肘打ちが横綱らしくないとして批判されているようです。

その時の動画がこちら!

立ち会いが始まった瞬間に照ノ富士の右顎に肘が入っていますね。

これには元横綱・北の富士も『白鵬には愛想が尽きた』と厳しいコメントが。

北の富士・コメント

結びの白鵬は率直に言わせてもらえば、とても正気の沙汰とは思えない相撲であった。

私は、今までは白鵬の理解者と自負してきたが、この日を限りでやめることにした。人が何と批判しても、彼の相撲界に尽くした貢献度は、今まで3人いる一代年寄よりはるかに上と思ってきた。

時には非常識な言動で問題を起こしても、文化の違いを理由に大目に見てきたが、この相撲ばかりは理解できないし、愛想が尽きた。

文章から相当な怒りが込みあがってきているのが伝わりますね。

そして、批判の声は相撲ファンの間でも挙がっているようです。




白鵬の優勝が批判される理由とは?

今回の優勝に関して肘打ちをしてしまった事以外にも批判されているようです。

そのうちの一つが立ち会いが始まる際の立ち位置です。

通常、立ち会いの始まりは中央に位置しますが奇襲などを警戒して土俵際から開始する力士も中にはいます。

しかし、横綱という相撲界を代表する力士がそれをやっていいのかという声があるようです。

これには元力士で現在はコメンテーターの舞の海さんも苦言を呈していました。

これまで歴代の横綱たちが守ってきた伝統や価値観が壊れてしまう。きのうのような相撲を取られると

引用:msn

他にも、優勝した瞬間に土俵の腕ガッツポーズをしてしまった事が横綱の品格を下げるとして批判されているようです。

過去には元横綱の朝青龍が優勝した瞬間に両手でガッツポーズをした際に、同じように批判されたこともありましたね。

いくら横綱とはいえ6場所ぶりの優勝は思わずガッツポーズしてしまうほどの、喜びだったことでしょう。

批判はありますが、これからも横綱として相撲界を引っ張ってほしいですね!




白鵬の優勝に世間からの声は?