スポーツ選手

木下雄介の死因にコロナワクチンは関係なし?摂取した種類はモデルナか

中日ドラゴンズ所属の木下雄介投手が3日に亡くなったことが明らかになりました。

先月6日の練習中に息苦しさを訴え、倒れました。そのまま名古屋市内の病院へ緊急搬送。

そのまま帰らぬ人となってしまいました。

一部の噂ではコロナワクチンが関係しているとの情報もありますが、真偽を確かめてみましょう。




中日ドラゴンズ・木下雄介投手が死去!

中日ドラゴンズ所属・木下雄介投手が3日に息を引き取りました。

彼は7月6日の練習中に息苦しさを訴え、病院に緊急搬送。

亡くなる直前まで懸命な治療が施されましたが、帰らぬ人となってしまいました。

中日ドラゴンズでは6月28日にコロナワクチンが接種されましたが、死因との因果関係は確認されていないようです。

6月28日:1回目のコロナワクチンを接種。

7月6日:練習中に息苦しさを訴え緊急搬送

8月3日:死去

木下雄介投手は27歳という若さにも関わらず亡くなってしまったことに、

報道機関やネットではコロナワクチンとの関係を疑う人が続出しています。




木下雄介の死因にコロナワクチンは関係なし?

木下雄介投手の死因に関して、コロナワクチンとの因果関係は確認されていません。

先月に緊急搬送された際の報道はこちら。

搬送時の情報

まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。

どうやら木下雄介投手の死因には心臓と脳が関係しているようですね。

今までに心臓が悪かったという情報は入っていない為に、余計にワクチンを疑う人が多いようです。

そしてYouTubeにはコロナワクチンに詳しい方が、木下投手が重篤化した事について解説していました。

動画内容・要約
  • 心臓を守る心膜の間に液体が貯留してしまい拡張不全を起こしていた
  • その影響が脳血流に関係して、呼吸中枢がやられたと予想
  • そのため、人工呼吸が外せなくなった

動画投稿者はかなり医学に精通している人物であり、恐らく医師であると考えられます。

この方は木下投手がワクチン接種の数日後にかなり激しい練習をしていたことに注目し、重篤化に至った経緯などをまとめていました。

この動画でも、死因とワクチン接種との因果関係を確定はさせていませんが可能性はあるような言い方をしています。

詳しくはこちらの動画を参照下さい。

木下雄介が摂取したワクチンの種類はモデルナか

木下雄介投手が摂取したワクチンの種類ですが、モデルナである可能性が非常に高いです。

それは中日新聞から明らかになりました。

二十一日から選手、スタッフらを対象とした職場接種を開始する予定。

接種は任意で、米モデルナ製のワクチンを使う。

引用:中日新聞

これを見る限りでは中日ドラゴンズは選手、スタッフ含めモデルナを摂取しているようですね。

そしてモデルナには接種後に若者が心臓に炎症を起こすリスクがあるようです。

欧州医薬品庁(EMA)は9日、米ファイザー/独ビオンテック製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの副反応について、

「非常にまれ」に心臓に炎症が起こる可能性があると発表した。

それによると、この副反応は比較すると若い男性により多く見られるという。

引用:BBCJAPAN

現在までにモデルナ製のワクチンは2000万回の接種のうち、心筋炎と心膜炎が各19件確認されているようです。

そして、それに関係した死亡件数は5件。

木下投手も27歳と比較的若い年齢で、モデルナの副作用が起きやすい年齢層ですね。

この情報を見てしまうと余計に木下投手の死因はコロナワクチンが関係していたと疑ってしまいますね。

しかし、あくまでも予想であり病院からの発表は何もありません。

数日のうちに病院にて検査をされ、球団の方はから詳しい死因などが発表されるでしょう。




木下雄介の死去に悲しみの声多数